REPORT イベントレポート

同志社女子大学 上田ゼミ×伊藤園「俳句の未来を創造しよう!」が開催されました!

2017/11/19

2017年11月19日、渋谷にある複合施設「SHIBUYA CAST.」にて、実践女子大学の松下ゼミが中心となって実施している「Play▶Shibuya」が開催されました。そこで伊藤園は、同志社女子大学の上田ゼミと合同で「未来の俳句を創造する」をテーマに、堅苦しいイメージを持たれがちな俳句を身近なものにしていくワークショップを実施。ルールを重視するのではなく、楽しく俳句をプレイする試みを「ぷれい俳句」とし、 SNSや身体表現などと掛け合わせて即興で俳句をつくるワークを展開しました。
具体的には、上田ゼミの生徒と来場された方全員参加による、ダンスをしながら即興で俳句を詠む「Dancing HAIKU」、写真から考えた俳句を発表し合う「ふぉと俳句」を実施し、多くの人に俳句を身近なものとして楽しんでもらい、会場は大いに盛り上がりました。

Dancing HAIKU

ダンスを取り入れた即興俳句。
今回のワークショップでは、音楽に合わせてダンスをしながら五·七·五を3人で分担して俳句を詠みました。
リズムに合わせて、身体を動かしながら俳句を詠むことで、本人が思いもしなかった言葉が飛び出すことも!?

ふぉと俳句

写真を見て、感じたことを詠む俳句。
今回のワークショップでは、数人でグループを作り、一枚の写真を見て、それぞれで俳句を詠みました。
人によって異なる視点を発見することができ、写真を撮った本人の想いよりも、ドラマチックな俳句が生まれることも…。

当日の詳しい様子はコチラの動画を チェック!

CLOSE
ページトップへ